top_page.gif




水泳の基礎トレーニング方法


<水泳の基礎トレーニング>

水泳で早く泳ぐためには、水のかき方など技術的な要素も重要ですが、水をつかんで体を推進させるためのパワー(瞬発力)も非常に重要です。

体を水の中で推進させるには、クロールやバタフライで使われる腕で水を押す力(上半身で水をかく力)、脚のキック力、競泳中に体の安定を保つ背筋や腹筋の筋力、バランス力などほぼ体のすべての筋力が使われます。

ということは、水泳は全身のあらゆる筋肉を使うので、筋力トレーニングの重要性も非常に高くなるわけです。

水泳のトレーニングは、全身をまんべんなく鍛えますが、特に水をかく筋力に重点をおき、大胸筋広背筋三角筋僧帽筋を鍛えます。

いくつかの泳法がありますが、下記には種目を特定せずに基本的なトレーニング種目を挙げます。





   【トレーニング種目】

   ◆胸部◆

   ・ベンチプレス
   ・ダンベルフライ
   ・インクラインプレス
   ・ディッピング

   ◆脚部◆

   ・レッグスクワット
   ・フォワードランジ
   ・レッグカール
   ・カーフレイズ

   ◆背部◆

   ・デッドリフト
   ・チンニング
   ・ベントオーバーローイング
   ・ワンハンドローイング
   ・バックエクステンション

   ◆肩部◆

   ・バックプレス
   ・フロントレイズ
   ・サイドレイズ
   ・アップライト・ローイング

   ◆腕部◆

   ・アームカール
   ・ワンハンド・トライセプス・エクステンション
   ・トライセプス・キックバック
   ・リストカール

   ◆腹部◆

   ・シットアップ
   ・サイドベンド






posted by ふぁるこん at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング方法


baseball01.jpg basket01.jpg



top_page.gif


この記事へのコメント
水泳の為のトレーニングが必要なのは、このページで分かりますが、トレーニングの方法は、載ってないと思うのですが・・・・
どういうふうにトレーニングをするかを、もっとくわしく書いた方がいいと思います。
トレーニングする名前だけでなく・・・・
Posted by dame at 2007年07月17日 19:31
dameさん、コメントありがとうございます。

トレーニング方法に関しては、TOPの
◆筋トレの事前知識
◆筋力の種類
◆トレーニング時
◆トレーニング方法
を参照して頂き、自分の欲しい筋肉が付くようにアレンジしてみて下さい。
水泳のための専門的なトレーニング方法は私には書けませんので、強化すべき部位を鍛える種目のみを書かせて頂いております。

種目においては、画像や動画を用いて解説したいところなのですが、激務な仕事の合間に睡眠時間を削って作ったサイトですのでなかなかそこまで手が回りません。。。
そこまで作りこみたいのですが時間が・・・

また、何かお気づきのことがありましたらご指摘して下さい。
Posted by ◆ふぁる at 2007年07月18日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。