top_page.gif




スポーツ選手の筋トレの基本見解(1)


『精神主義的なトレーニングではダメ』

スポーツ選手は筋力の発達のために筋力トレーニングをします。
そして筋力が発達することによりスポーツ傷害の予防にもなります。

効果的なトレーニングをするには、トレーニングの原則をよく理解して取り組むことが重要です。

以下にトレーニング時の注意点を挙げます。

    (1)負荷重量
    (2)反復回数
    (3)セット数
    (4)超回復の意味
    (5)週間頻度
    (6)トレーニング種目の選択
    (7)トレーニングの順序
    (8)正しい姿勢とフォーム
    (9)正しい可動域
    (10)専門競技でよく使われる部位
    (11)専門競技で多い傷害


少なくても以上のことをよく理解したうえでトレーニングをする必要があります。

筋力トレーニングの知識が乏しく、ただ単に精神論や根性論でトレーニングを行えば、成果があがらないばかりでなく、トレーニングによる怪我、疲労の蓄積などを招き、せっかく競技でのパフォーマンス向上のために行ったトレーニングが逆効果になってしまいます。



posted by ふぁるこん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | トレーニング方法


baseball01.jpg basket01.jpg



top_page.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

スポーツ障害の発生要因
Excerpt:  指導者、審判、役員、管理運営者など、スポーツに関わる全ての 人は、傷害の予防を最優先しなければなりません。 スポーツ障害の発生要因には、どのようなものがあるでしょうか? スポーツ科学では、収集した傷..
Weblog: スポーツ救急箱
Tracked: 2006-10-15 10:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。