top_page.gif




エネルギー源(2)


<無酸素系機構>

乳酸系

中距離走のような少々長い時間(40秒くらい)の激しい運動を続けるには、エネルギー補給が非乳酸系だけでは間に合いません。
しかも、呼吸循環が筋に十分な酸素を運搬できません。
そのため、このような運動に対しては、酸素を使わずにエネルギーを放出、供給しなければなりません。
そこで、ATPの再合成のために筋肉中のグリコーゲンが利用されます。

グリコーゲンは酸素を利用することなく分解され、ATPを生産しますが、それと同時に乳酸も生産されます。

この乳酸が筋肉に蓄積され、血液中に流れ出すと筋収縮ができなくなります。この乳酸の蓄積が原因の疲労を乳酸型疲労といいます。

乳酸型疲労の回復には、酸素によって筋への血液を促進し、蓄積されている乳酸を洗い流す必要があります。
乳酸は肝臓でグリコーゲンに再合成し、一部は燃料として骨格筋へ、一部は心筋や肝臓で有酸素的に分解されます。

また、乳酸の処理を促進されるには、ストレッチ軽負荷での運動継続などの積極的休息が有効です。



<有酸素系機構>

約40秒以上から数時間におよぶ持久系の運動では、大部分はグリコーゲンの有酸素分解で生産されたATPがエネルギーになります。
この時、エネルギーとなるのは筋肉中のグリコーゲンだけでなく、体内中に貯蔵されているグリコーゲンも血中グルコースによって消費されます。

更に長時間の持久運動には脂肪もエネルギーとして役に立ちます。
しかし、脂肪のエネルギー消費は比較的緩慢なので、グリコーゲンの消費に比べたら小さいものです。

有酸素運動による疲労をグリコーゲン欠乏型疲労といいます。
回復のためには、炭水化物を主体とした食事によるグリコーゲンの補給が第一です。



posted by ふぁるこん at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(2) | SIMPLE 運動生理学


baseball01.jpg basket01.jpg



top_page.gif


この記事へのコメント
初めまして!美咲で〜す。
ブログ、拝見しました (´ー`*)。・:*:・
以前も訪問したかな?!

せっかくですからコメント残させて頂きます。
(〃⌒―⌒)/どもっ♪

今後とも宜しくお願いします!
応援してます♪ 

*********************************
即効性!美咲の病気にならない健康ランド♪
http://m1saki03.blog48.fc2.com/
◆美咲◆ info@s-yoshino.com
**********************************
Posted by 美咲 at 2010年02月18日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

有酸素運動のコツ
Excerpt: 有酸素運動のコツについて有酸素運動ダイエット情報ガイドで説明します。
Weblog: 有酸素運動ダイエット情報ガイド
Tracked: 2006-09-30 13:52

栃木県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 栃木県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-03-06 09:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。