top_page.gif




試合直後の栄養補給




運動を止めると、身体ではグリコーゲンの合成が始まります。

このグリコーゲン合成のタイミングに糖質を摂取することによって、疲労の回復を早めます。

糖質としては、ブドウ糖(グルコース)、ショ糖を摂取し、果糖はひかえます。

摂取量は、体重1kg当たり1gが目安です。
ゼリー飲料などで補給するのが効率的です。


また、糖質とタンパク質を3:1の割合で混ぜたドリンクを摂取することで、筋グリコーゲンの回復が糖質の単独摂取よりも高まると言われています。

しかし、極度に疲労している時は、吸収スピードが早い(浸透圧の低い)ドリンクの方が筋グリコーゲンの回復を早めます。



試合後の状態によって糖質摂取方法を分けてみます。


・体力に余裕がある。筋肉が消耗している。

 → 糖質とタンパク質を3:1の割合で混ぜたドリンクを摂取する。

・極度の疲労状態。

 → 吸収スピードが早い(浸透圧の低い)ドリンクを摂取する。


となります。




posted by ふぁるこん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試合時の栄養補給


baseball01.jpg basket01.jpg



top_page.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。