top_page.gif




試合中の栄養補給




試合中の栄養補給についてです。

試合といっても競技によって試合時間がかなり異なります。

試合時間が短い競技ではスポーツドリンクなどで十分ですが、試合時間が30分〜1時間以上かかるような競技においては、試合中の糖質摂取が重要です。


試合中に糖質を摂取することにより、

・疲労する時間を遅らせる。
・パフォーマンスを維持する。

といった効果を得ることができます。


ハーフタイムやタイムアウトの時にスポーツドリンクで摂取することになると思います。

ここで、注意したいのがドリンクの浸透圧です。
体液よりも低い浸透圧のものを摂取して、胃を速く通過して腸での吸収スピードを速めます。

浸透圧が低いものとしては、グルコース分子が結合したマルチデキストリンを用いるのがよいです。

マルチデキストリンを用いたものは、ザバスのグリコーゲンリキッドなどがあります。


ここまで、試合には糖質といってきましたが、果糖の摂取はひかえた方がよいです。
果糖を運動中に摂取すると胃に不快感がでることがあります。






posted by ふぁるこん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試合時の栄養補給


baseball01.jpg basket01.jpg



top_page.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。