top_page.gif




筋トレ:停滞期のトレーニング方法(2)


(2)マルチ・パウンデッジ法

これは、トレーニングの最中にインターバル(休息時間)をとらないで、ひたすら反復を続ける方法です。各セット毎に負荷を減らしていきます。

言葉では分かりにくいので例を示します。


<マルチ・パウンデッジ法の例>

アップ:1RMの50% × 11〜13回
アップ:1RMの70% × 7〜9回
1セット目:1RMの90%・・・MAX
2セット目:1RMの70%・・・MAX
3セット目:1RMの50%・・・MAX
4セット目:1RMの80%・・・MAX
5セット目:1RMの60%・・・MAX
6セット目:1RMの40%・・・MAX


※各セット間のインターバル(休憩時間)は無し。


もしくは

アップ:1RMの50% × 11〜13回
アップ:1RMの70% × 7〜9回
1セット目:1RMの90%・・・MAX
2セット目:1RMの80%・・・MAX
3セット目:1RMの70%・・・MAX
4セット目:1RMの60%・・・MAX
5セット目:1RMの50%・・・MAX
6セット目:1RMの40%・・・MAX


※各セット間のインターバル(休憩時間)は無し。


見ていただいて分かるようにかなりハードなトレーニング方法です。

フリーウェイトの場合、セット間の休みをなるべく短くするために重量を減らしてくれる人が二人いるとベストです。

私は下の方法をやりますが、これやった後はもう何もできないくらい体力・筋力を消耗します。
初めてやった時は(ベンチプレスで)、お風呂に入る時に、胸、腕がパンパンで手が上げれずTシャツが脱げませんでした。

本当に消耗が激しいので、2週間〜1ヶ月に1回くらい、もしくは停滞期に入った時に行いましょう。



posted by ふぁるこん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング時


baseball01.jpg basket01.jpg



top_page.gif


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。